コピーライターの年収、給料、給与

コピーライターの給与はどれくらい?

コピーライターの多くは広告代理店や広告制作会社に所属し、給与体系は就職した会社の規定で決まります。また、優れたコピーライターであれば、クライアントからはもちろんのこと社内でも依頼が殺到します。どうしても契約を勝ち取りたいクライアントに広告提案する際には、実力のあるコピーライターが呼ばれることになります。実力社会のため、スキル次第で給与も上がっていきます。

またコピーライターの業界団体のひとつである、東京コピーライターズクラブ(略してTCC)が主催する広告賞があります。これは、前年度(3月1日から翌年2月末日まで)に使われ掲載されたさまざまな広告の応募作品のなかから、TCCの審査委員が優秀作品を選び表彰するというものです。TCC賞を受賞すると、業界内でも名前が知れ渡ることになります。

コピーライターとお金の話

コピーライターに道具はいらない

コピーライターになるためには特に資格は必要ありません。また言葉を生み出す職業のため、特別な道具も必要ではありません。その代わり、日頃からさまざまなことに好奇心を持ち、アンテナを立てておくことが大切です。広告に関する知識はもちろんのこと、トレンドや海外の動向、文化や歴史などあらゆることを吸収する努力も欠かせません。

どこで働くの?

コピーライターを目指すなら、広告代理店や広告制作会社への就職を目指すのが一般的です。各社の採用人数は少なく、狭き門となっています。また、コピーライターの資質を持っているか採用試験で試されるため、養成講座に通って能力を伸ばそうと努める人が大半です。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop