アクセサリーデザイナーのお仕事内容

アクセサリーデザイナーって、どういう仕事?

指輪やネックレス、ピアス、ブレスレットなどアクセサリーのデザインを行うのが、アクセサリーデザイナーのお仕事です。宝飾品ブランドのデザイン部門や宝石加工会社などが主な就職先になります。ブランドが抱えている顧客の嗜好(しこう)やブランドイメージ、トレンド、あるいは使用する宝石の特徴や加工にかかるコストなどを考慮しながら、デザインを考えていきます。

デッサン力や美的センスはもちろんのこと、発想力や宝石や加工技術に関する知識も必要となります。デザイン的に優れたものを考案しても、加工が難しければ、商品にすることができません。また宝石の特徴や質を考慮して、より宝石が輝くデザインに仕上がることも求められます。

作品性が認められることで、独立してアクセサリーデザイナーとして活躍する人もいます。何には百貨店にある宝飾部と契約することで、お得意様から寄せられるリクエストに応じたアクセサリーデザインの仕事を請け負う人もいるそうです。

日本でもアクセサリーデザインを学ぶことができますが、日本よりも歴史が古いヨーロッパに留学し、アクセサリーデザインの基礎を学ぶ人もいます。ただし、ヨーロッパに住む人々は日本人とは嗜好(しこう)、ファッションの感性、体格が異なるため、必ずしも学んだ感性や技術が日本でも活かせるとは限らないといわれることもあります。

お仕事完了までの流れ

続いて、アクセサリーデザイナーの仕事内容を見ていきましょう。どのような手順で仕事をしていくのか、依頼から完了までの流れを簡単に解説していきます。

デザインするアクセサリーの方向性を協議する

どのようなデザインを行うかについては、会社の方針やブランドの戦略が関係するため、デザイナーの一存で決めることはできません。企画部や経営戦略部などで決定した方針に従うことになります。ただし、デザインを一手に任せられるような責任ある地位に就いていれば、どのようなデザインをすべきなのか提案や意見を出すことはできます。

デザイン画を作成する

デザインの方向性が決まれば、具体的なデザインに起こしていきます。まずはデザインをスケッチして、イメージを共有します。

デザインの設計図を作成する

デザイン画が承認されたら、ジュエリー用の3D-CADソフトを使って、より精密なデザインの設計図を作成していきます。細かい修正を何度も加えながら、設計図を完成させます。

クラフトマンや工場に発注する

デザインの設計図が完成したら、一度サンプルを作成します。クラフトマンが手作りしたサンプルを確認しながら、完成形に仕上げていきます。このときジュエリーデザイナーが指示をしていきます。サンプルが完成したら、量産のために工場や工房で制作を開始します。

これ、どういう意味?

どんな仕事にも、その職業に関わる人たちがよく使う専門用語があります。ここでは、アクセサリーデザイナーが使う業界用語を取り上げます。

「ヴァイン」

ツタが絡んだような定番のデザインモチーフのことをヴァインといいます。美術品でも古くから用いられているデザインで、生命力に満ちたツタの様子から縁起がよいとされています。

「カット」

宝石や天然石はそのままでは美しくはありません。磨きや、形を整えることでその輝きが増します。宝石を研磨あるいは形を整えることをカットといいます。特にダイヤモンドでは、カットの仕方や質で価値が大きく変わるといわれています。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop