スクリプターのお仕事内容

スクリプターって、どういう仕事?

ゲームソフトやゲームアプリの開発では、主にC言語といったプログラミング言語が使われています。ただし、キャラクターの能力の設定や必殺技の決定、セリフの展開といった作業では、簡易的なプログラミング言語であるスクリプト言語が主に使用されています。スクリプト言語を使ったこれらの作業はプログラミング言語の知識がなくても行うことができ、ゲーム開発会社で独自の開発環境を整えることで、マニュアルを読めば誰でも実装や入力ができるようになっています。ゲームスクリプターはそのようなスクリプト言語を使って、簡単な動作設定を行う仕事です。

例えば、アドベンチャーゲームの会話パートでは、セリフに合わせて表情の異なるキャラクターが次々と表示されていきます。このようなシーンを開発するときには、このセリフとこの表情のキャラクターを表示させるといった具合に、背景やキャラクター、セリフなどをひとつひとつ指定していく必要があります。ゲームスクリプターがスクリプト言語を使って、繰り返し入力作業を担当するわけです。もちろんシナリオや仕様書を元に作業は行われます。そのほか、スクリプトコマンドを使ったイベントシーンの演出と実装、レベルデザインの設定といった作業もあります。

ゲームスクリプターの主な勤務先は、ゲーム開発会社やゲームメーカー、ゲームアプリ開発会社などになりますが、作業の難易度が高くないことから、スクリプターを専門にしている人は少なく、イラストレーターやシナリオライターが作画・シナリオ執筆と掛け持ちで作業を行っているケースが多いと言われています。また、スクリプトの作業がないときには、プランニングやイベントの運営といった別の業務を担当するような会社もあります。そのほか規模の大きなゲームを開発するときには、自社にいるスクリプターだけでは人員が足りず、募集が行われることもあります。もちろんスクリプト言語について知識やスキルがあればアピール材料になります。

スクリプターはプログラミングの知識があまり必要とされないため、ゲーム開発に関わる職種のなかでも比較的目指しやすい職種だといえます。そのためゲームに関わりたい人にとってはおすすめの職種かもしれません。

お仕事完了までの流れ

続いて、スクリプターの仕事内容を見ていきましょう。どのような手順で仕事をしていくのか、依頼から完了までの流れを簡単に解説していきます。

ゲームディレクターから担当パートの説明を受ける

スクリプト言語で処理するパートについて、ゲームディレクターや上司から説明してもらいます。期限や注意点などもこのときに確認しておきます。

スクリプト言語で入力作業

自分が担当するパートを把握したら、指示書やシナリオを見ながら入力作業を開始します。入力環境は会社によって違うため、分からない操作があったらマニュアルを読んだり上司に確認したりします。

入力したスクリプトのチェックを受ける

入力作業が終わったら、間違いがなかったかどうか、チェックを受けます。特に問題がなければ、作業は終了となります。

これ、どういう意味?

どのような仕事にも、その職業に関わる人たちがよく使う専門用語があります。ここでは、スクリプターが使う業界用語を取り上げます。

「CGI」

CGIは、Webブラウザーで動作するJavaScriptやFlashとは異なり、Webサーバーでプログラムを実行する仕組みになっています。そのため、データをダウンロードすることで、使用するパソコンの動作が鈍くなってしまうようなこともありません。また、HTMLでは常に同じページが表示されるのに対して、CGIで作成されたページはサイトの制作者はもちろん、訪れたユーザーが書き換えることができます。代表的な活用例が掲示板です。

「Perl」

アメリカで開発されたスクリプト言語のひとつです。現在、広く利用されており、特にテキストファイルの処理に優れているといわれています。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop