プロダクトデザイナーの年収、給料、給与

プロダクトデザイナーで食べていけるの?

プロダクトデザイナーで食べていくことができるのでしょうか。プロダクトデザイナーのお金事情について解説します。

プロダクトデザイナーとお金の話

年収はおよそ500万から700万円

製品のカラーやデザインは打ち上げに大きな影響を与えることになるため、それらを担当するプロダクトデザイナーの年収は一般の会社員よりも高めに設定されています。さらに、多くのデザイナーをまとめ、部署を管理するチーフデザイナーになると責任も重大になりますが、その分年収もアップすることになります。平均すると、年収はおよそ500万から700万円だといわれます。

独立することで年収の大幅アップも可能に

会社員として多くのヒット作をデザインした優秀なプロダクトデザイナーは、独立し、自身のデザイン事務所を立ち上げることもあります。引き続きヒット作を手がけるようになれば、会社員時代よりもさらに多くの年収を手にすることができるようになります。ただし、独立すればデザイン力がすべてとなるため、ヒット作が出なければ、会社員時代よりも年収が減ってしまう人もいるようです。

どこで働くの?

プロダクトデザイナーの主な勤務先はメーカーのデザイン部門になります。文具メーカー、家電メーカー、生活用品メーカー、キッチン用品メーカーなどさまざまなジャンルの会社で募集も行われています。またデザインを外注している企業もあるため、プロダクトデザインを行うデザイン事務所という選択肢もあります。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop