構成作家の年収、給料、給与

構成作家で食べていけるの?

構成作家で食べていくことができるのでしょうか。構成作家のお金事情について解説します。

構成作家とお金の話

番組を掛け持ちできれば、高収入も可

構成作家の報酬は、キャリアによって大きく異なるといわれています。たとえば、同じ番組の台本を1本書いたとしても、新人なら3万から5万円程度、中堅やベテランなら、それの倍以上といった具合です。また、毎週放送される番組や、帯と呼ばれる毎日放送される番組を手がけるのか、あるいは単発で仕事を請け負うかで年収は大きく変化します。

さらに、番組によっては会議に出席するだけでは報酬はもらえず、提案した企画が通ることで初めて報酬がもらえるところもあります。そういう点では、まさに収入は実力次第だといえます。新人であれば年収200万から300万円程度、複数の番組を掛け持ちしている売れっ子の構成作家なら1,000万円以上の高収入も可能です。

発想力と文章力を生かして連載や書籍を出す人も

構成作家はアイディアを出すことが仕事のため、優れた発想力を持っている人が多くいます。また、台本を日常的に書くために文章力も備わっています。そのためキャリアを積んだ構成作家のなかには、書籍を出版したり、雑誌で連載コラムを執筆したりしている人もいます。コラムを持てるようになれば原稿料、書籍であれば印税という形で副収入を得ることができます。

どこで働くの?

構成作家の主な勤務先は番組制作会社や映像制作会社です。近年はインターネットの動画制作を手がける会社での募集もあります。さらに、会社員ではなくフリーランスとして活動している人が多いですが、芸能事務所や番組制作会社と所属契約を結び仕事をしている人もいます。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop