アニメ監督の年収、給料、給与

監督で食べていけるの?

監督で食べていくことができるのでしょうか。監督のお金事情について解説します。

監督とお金の話

実は収入の多くない監督業

監督業といえばアニメーション作品の総責任者のため、収入も多い印象を与えますが、実際にはそうではありません。特にテレビ放映されるアニメーション作品やOVAと呼ばれるオリジナルアニメーション作品は、非常に予算が限られていることで知られています。したがって、長期間放映されるような人気作品やシリーズ化されるような話題作になれば安定した定期収入を得ることが可能になりますが、一般的に監督が手にできる報酬は多くないと言えます。

ただし、キャラクターの造形や物語の設計に大きく関与していれば、グッズやゲームなどの関連商品が販売されるタイミングで、監督もロイヤリティ契約を結ぶことは可能となります。こうした場合には、大きな収入を得ることも可能になります。

自身のアニメーション制作会社を立ち上げる

監督がアニメーション作品で大きな報酬を得るためには、自らアニメーション制作会社を立ち上げ、そして作品をヒットさせることです。監督業だけでは大きな収入は見込めませんが、経営する会社を中心にアニメ作品を作れば、売り上げに応じて、自身も大きな報酬を手にできます。そのため有名監督になると、独立し、自身の会社を立ち上げるケースがよくみられます。

どこで働くの?

監督の主な勤務先は、アニメーション制作会社や映像制作会社、映画会社などになります。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop