ゲームディレクターの年収、給料、給与

ゲームディレクターで食べていけるの?

ゲームディレクターで食べていくことはできるのでしょうか。ゲームディレクターのお金事情について解説します。

ゲームディレクターとお金の話

年収はおよそ500万から600万円程度

ゲームディレクターはゲーム開発の現場を指揮する現場の責任者です。そのため、ゲーム業界の職種の中では、ゲームプロデューサーに次いで年収が高いことで知られています。年収は平均すると500万から600万円程度で、さらに年収をアップさせるには、よりヒットが狙える大作や話題作に参加することがカギになります。
開発に関わるスタッフの人事・配置はゲームプロデューサーが握っていることが多いため、仕事のできるプロデューサーに認められるとその道が開けると言えます。なかには、ゲームプロデューサーやゲームクリエーターが独立してゲーム開発会社を立ち上げる際に、実力が認められて声をかけられ、一緒に独立する人もいるようです。

どこで働くの?

ゲームディレクターの主な勤務先は主な勤務先は、ゲーム開発会社やゲームメーカー、ゲームアプリ制作会社などです。長年ゲーム開発をともにしたゲームプロデューサーやゲームクリエーターと独立して、ゲーム開発会社を立ち上げる人もいます。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop