ゲームライターの年収、給料、給与

ゲームライターで食べていけるの?

ゲームライターで食べていくことはできるのでしょうか。ゲームライターのお金事情について解説します。

ゲームライターとお金の話

ゲーム雑誌の原稿料は総合雑誌よりも安め

会社員として勤務するゲームライターの平均年収は300から400万円ほどで、通常のライターよりも少し低い傾向にあります。雑誌の原稿料でみると、部数の多い総合雑誌の原稿料の相場が1ページ1万5000円から2万円程度なのに対し、専門誌であるゲーム雑誌は1ページ8000円から1万2000円程度が相場になっています。ゲーム雑誌は部数が総合雑誌と比べて少なく、予算が限られているため年収も低くなりがちです。

ゲームに関連する書籍をヒットさせれば

年収は低めですが、印税という形で臨時収入を得ることも可能です。書籍は原稿を執筆した著者に対して、発行部数に応じた印税を支払うのが一般的です。ゲームの攻略本の場合には、画像やイラストなど制作費がかかるため印税の割合は通常の書籍よりも低くなりがちですが、価格の5~8パーセント程度の金額を印税として受け取る契約を結ぶことが可能です。ヒットして重版されなければ印税は発生しませんが、ベストセラーになるようなヒット作の著者になれば、多くの副収入を得ることも夢ではありません。

どこで働くの?

ゲームライターの主な勤務先としては、ゲームに関する情報を発信するWebメディアを運営する会社や、ゲームの攻略本を制作している編集プロダクションなどが挙げられます。そのほか、フリーランスのライターとして活動する人もいます。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop