CAD オペレーターの年収、給料、給与

CADオペレーターで食べていけるの?

図面作成のサポートをするCADオペレーターの仕事で食べていくことはできるのでしょうか?CADオペレーターのお金事情について解説します。

CADオペレーターとお金の話

平均年収は300万円から500万円ほど

CADオペレーターの仕事は、製図を使用する建設業界だけにとどまらず、内装を手がける設計事務所やアパレル関係、電気や半導体、機械といった製造業界など、幅広いジャンルで求人が行われているため、会社の規模や経験だけではなく、その業界の景気によっても左右されます。そのため、一概に平均年収を出すのは難しいのですが、300万円から500万円が相場だといわれています。

資格を取得して、キャリアップ

CADオペレーターの仕事に就くために、必ずしも資格が必要というわけではありませんが、いくつかの資格があるため、取得しておくと就職や転職などで有利に働くことがあります。また、資格を取得すると資格手当がもらえる企業もあります。さらに資格を持っていれば、結婚や出産で休職や退職をしても社員募集やパートの募集も比較的多い職種のため、社会復帰しやすくなります。ちなみにCADオペレーターに関する資格には、厚生労働省による公的資格の「CADトレース技能審査」や、民間団体による「CAD利用技術者試験」などがあります。「CADトレース技能審査」には建築部門と機械部門があり、難易度も非常に高いといわれています。

そのほか、手描きの設計図をCADでデータ化したり、製図のデータ修正をしたりといった補助的な業務ではなく、施工図を1から作成するような作業を担当できるようになると年収がアップします。もちろんそのようなスキルを身につけるには、CADの知識やキャリアだけではなく、例えば建築や設備などに関する知識も必要とされます。そのため1級管工事施工管理技士といった資格の取得を目指す人もいるようです。

フリーソフトを使って自宅でCADを体験

プロフェッショナルが使用するCADソフトのなかには、「Jw_cad」のようにフリーソフトで誰でも利用できるものもあります。そのため、CADオペレーターに興味があるなら自宅のパソコンにインストールして、どのようなものなのか体験してみるのも良いかもしれません。使い方がわからなくても、どんな作業を行うのか体感することができるはずです。

どこで働くの?

CADオペレーターの仕事は、製図や設計図の作成を行う会社で主に発生します。設計事務所や、ハウスメーカー、建設会社のほか、アパレルデザインを手がけるようなデザイン会社、電気や半導体、機械メーカーなどがあります。また、製図や設計図といっても建築物に関するものなのか、機械や部品なのか、大きく異なることになります。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop