3年制・4年制で、創造力豊かなベストクリエーターを業界と共に育成する学校です。

interview Vol.09 当時は留学生が学年で僕1人。それが逆に楽しかった(笑) - Game Designer トムさん

大きな仕事を通じて
「自分もここまで来たか」
という実感が(笑)

TCAを卒業後カプコンで4年働いてから、いまの会社に移りました。毎日、本当に充実していますよ!最近の大きな仕事としては、「宇宙戦士ガラクZ」のモバイル版の開発をメインプランナーとして手がけました。ガンホーとがっちり組んだプロジェクトなのですが、先方の社長と日々真剣なやり取りを交わすのが楽しくて。「自分もここまで来たか」というリアルな実感がわきましたね(笑)。

上に立つ人間は、判断の理由を
きちんと示すことが
大事だと思います

仕事でストレスがあるとすれば、上の人のロジカルじゃない判断に納得がいかない時。会社で働いている以上は仕方ない部分もあるんですが・・・やはり上に立つ人間は判断や選択の理由をきちんと示すことが大事だと思いますね。ポリシーは、人とのコミュニケーションをちゃんと取ることです。長期のプロジェクトで状況が刻々と変わっていく中で、みんなの意識にズレが生まれないように。だから東京「コミュニケーション」アートって、すごくいい学校名だと思うんですよね(笑)。

つねに自分が本当に
何をしたいかを、
問い続けてほしいんです

学生だった当時はTCAにまだまだ留学生は少なくて、学年では僕1人でした。それが逆に楽しかったですね(笑)。日本人の学生と親友になって、一緒に夜中までかけて作ったゲームが賞の佳作を獲ったり。現役学生には、自分が何がしたいかを探し続けてほしいと思います。いまゲーム科にいるからといって、一生ゲームクリエーターである必要もないわけですし。つねに自分が本当に何をしたいかを、問い続けてほしいんです。必ずしも「仕事=幸せ」じゃないかもしれませんしね。この年齢になって思うことですが。