当サイトは、Internet Explorer 9以上でご覧ください

心が躍る、
キャンパスライフへ

  • Youtube
  • LINE

インダストリアルデザイン・マスターコース ものづくり視察第一弾

2017.11.03

インダストリアルデザイン・マスターコースものづくり視察会は製造現場を直に見ることでデザインの本質を学ぶこと。
製品計画授業をご担当いただくKEN OKUYAMA DESIGN 川瀬先生と行く新潟地場産業視察!今回のテーマは「金属加工」を学ぶ。

新潟・燕 山崎金属工業株式会社様訪問
「日本のカトラリーの価値を、世界中に届けたい。」
1918年創業の今では世界中で愛用されているカトラリー(食卓用フォーク・ナイフ・スプーンなどの総称)メーカーである山崎金属工業様を訪問しました。


まずは、取締役工場長 山崎 修司様自らカトラリー製造工程の説明をしていただきました。

その後、山崎金属工業で製造される商品が一挙に見ることができるショールームへ通され、国別・用途別に数々のデザインされたカトラリーを見学。

なかでも有名なノーベル賞晩餐会で使用されるカトラリーの展示も!こちらで製造されています!!世界の認める品質というわけです。

続いて工場見学。世界品質の商品づくりを支えるのはそこで働く職人たちの巧みの技。実際に職人の仕事を真近に見ることができ、ものづくりのこだわりを直に感じました。

プレス機で大まかな形になった金属を

さらに最終の形状に近づけるよう一つ一つ丁寧に職人の手によって成型加工されていきます。

さらに成型したものを研磨職人により、鏡のように磨かれていきます。

鏡のように磨かれたスプーンです。世界でも指折りの技術をもつ山崎金属工業様の商品作りとこだわりを感じ取った機会となりました。

山崎金属工業株式会社みなさま。このたびはありがとうございました!

つづく (TCA大竹)