DTP デザイナーの年収、給料、給与

DTP デザイナーで食べていけるの?

DTPデザイナーで食べていくことができるのでしょうか。DTPデザイナーのお金事情について解説します。

DTP デザイナーとお金の話

平均年収は300万円から400万円ほど

DTPデザイナーの平均年収はおよそ300万円から400万円が相場だといわれています。ただし、勤務する会社の種類や規模によっても異なります。また、フリーランスで活動するDTPデザイナーもいますが、彼らにレイアウトデザインを依頼した場合、雑誌のレイアウトなのか、それとも商品カタログのような広告物なのかなど、用途によって制作費が異なるためレイアウト料金も一定ではありません。また、テキストが中心の簡易なレイアウトなのか、それとも写真やイラストをふんだんに使ったビジュアル重視のレイアウトなのかによっても料金は変わり、複雑な作業が必要になれば、その分料金も高くなります。そのため一概に単価を割りだすことはできませんが、雑誌のレイアウト作業の場合、1ページ1万円から2万円程度、書籍なら1ページ1000円から2000円程度といわれています。

テキストの修正といった簡易な業務を担当するDTPオペレーター

DTPデザインの現場ではレイアウトデザインが完成したあとも、文字の修正や画像の差し替えなど細かな修正作業が発生します。DTPデザイナーがこうした修正も行うこともありますが、作業が簡易なためDTPオペレーターと呼ばれる担当者が専門に請け負うことがあります。雑誌や広告の世界では、完成までに細かい修正が何度も発生することがよくあります。そのため、それらの作業に特化したオペレーターがいるわけです。彼らは印刷会社に所属している場合もあれば、編集プロダクションやデザイン事務所に所属している場合もあります。

どこで働くの?

DTPデザイナーの仕事は、エディトリアルデザインを請け負っているデザイン事務所、雑誌や書籍の制作を請け負う編集プロダクション、そしてカタログを製作する広告制作会社で発生します。フリーランスで活躍しているDTPデザイナーも多数いますが、デザイン事務所といった会社で経験を積んだあと、独立する人が多いようです。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop