脚本家の年収、給料、給与

脚本家で食べていけるの?

脚本家で食べていくことができるのでしょうか。脚本家のお金事情について解説します。

脚本家とお金の話

売れっ子になれば、大きな収入が見込める

脚本家の年収は、個人差が大きく、なかなか平均値を算出するのが、難しいといえます。連続テレビドラマの脚本を手がけるような売れっ子脚本家になれば、一話の脚本料が50万から100万円程度だといわれているため、いわゆるワンクール(3か月・13回)で1000万円近い収入が見込めることになります。しかし、連続ドラマの脚本の仕事ができる脚本家は、ほんのひと握りというのが現状です。企業に所属している脚本家もいますが、フリーランスの脚本家の場合は一本も脚本の仕事がなければ、その月は収入無しになります。したがって、とても不安定な職業だといえます。

映像ソフトの二次利用や脚本のノベライズ化

テレビドラマや映画作品の脚本を手がけられるようになると、二次利用による臨時収入も見込めます。テレビドラマは再放送されるたびに、脚本家にも二次使用料が支払われます。また、映像ソフト化される際にも同様に二次使用料が発生します。もちろん、脚本の下書きといったアシスタント作業を手伝った程度では二次使用料は生まれず、クレジットされた脚本家のみ二次使用料がもらえるというのが一般的です。そのほか、ノベライズ化といって脚本が書籍になることがあります。この際には印税という形で報酬を得ることになります。

どこで働くの?

脚本家の主な勤務先としては、映画の制作会社やアニメーション制作会社、テレビ局、テレビ制作会社などがあげられます。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop