WEB ディレクターの年収、給料、給与

WEB ディレクターで食べていけるの?

ウェブディレクターで食べていくことができるのでしょうか。ウェブディレクターのお金事情について解説します。

WEB ディレクターとお金の話

年収は300万円から500万円ほど

ウェブディレクターの年収は平均すると、およそ450万円だといわれています。就職先としてはウェブサイトの制作会社や、広告やブランディングを請け負うウェブ広告代理店、ショッピングサイトの運営会社、ショーシャルメディアの運営会社など幅広くあり、会社の規模や在籍年数によって給料は異なります。規模の大きな会社の場合、業務も細分化されており、ウェブディレクターの業務もディレクションに限定されがちです。一方、小さな会社の場合には、デザインまでウェブディレクターが担当することもあります。そのため、小さな会社でさまざまな経験を積んでから大手企業に転職したり、経験を生かして自分で起業したりするといったキャリアもあります。

ウェブディレクターとウェブプロデューサーの違い

ウェブディレクターとよく似た職種にウェブプロデューサーがあります。ウェブディレクターが現場担当者としてウェブデザイナーやウェブプログラマーをまとめて制作を進行するのに対して、ウェブプロデューサーはプロジェクト全体を統括する役割を担います。ただし、違いは曖昧で、ウェブプロデューサーが不在のケースもよくあります。その際には、ウェブディレクターが全体の統括にまで目を配る必要があります。給料についてはウェブディレクターより責任の重いウェブプロデューサーのほうが高い傾向にあります。

どこで働くの?

ウェブサイトやアプリケーションが生活に浸透しているため、ウェブディレクターを必要とする会社は多岐にわたっています。ウェブ制作会社やITサービス企業はもちろん、ゲーム制作会社やアプリ制作会社などでも求人があります。

  • TCA体験入学
  • 資料請求

pagetop