0120-545-556 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開

発見!探検!プロの仕事場

海獣トレーナー&水族館飼育スタッフ @ 新江ノ島水族館

鰭脚類の繁殖を成功させる!
アシカやアザラシの子供を見たいし、
個体を増やしていくことが今の目標。

那須どうぶつ王国

お客様に、自分とイルカ・アシカをペアで覚えてもらっていることは、すごく嬉しい。

西に富士山、正面には相模湾と江の島が控える絶好のロケーションにある『新江ノ島水族館』は、遊びながら学ぶことのできるエデュテインメント型水族館です。8000匹のイワシの大群がうねり泳ぐ相模湾大水槽を中心とする「相模湾ゾーン」や、幻想的な「クラゲファンタジーホール」、イルカやアシカが競演する「イルカショースタジアム」など、魅力的なエリアがたくさんあります。
前身となる「江の島マリンランド」で、日本で初めて本格的なイルカショーを開催し、日本のイルカショー発祥の水族館ともいわれています。イルカの繁殖にも力を入れており、世界初の水族館生まれ5世のイルカがいることでも有名です。
イルカ・アシカショーの中で、4mの高さから飛び込み、ダイナミックな水中パフォーマンスを見せてくれた櫻木さんは、「自分が楽しんで仕事をしている姿を子供たちが見て、“あんな風になりたいな”“イルカって面白いな”と興味を持ってくれると嬉しいですね。」と仕事への想いを語ってくれました。
大学に行ったけれど、どうしてもドルフィントレーナーになる夢を諦められなかったという池光さんは、4mの高さからの飛び込み&水中パフォーマンスを練習中です。「デビューすれば、女性初となるので頑張りたいです。」と目標に対する意気込みについて話してくれました。
イルカ・アシカショーの運営責任者でもある遠山さんは、「新しく来た動物を1年かけて、ショーデビューさせることができた時はたまらなく嬉しい。」と仕事のやりがいについて話してくれました。現在、鰭脚類の繁殖にも挑戦しており、「新江ノ島水族館として初の成功例を作り、個体数を増やしていきたいですね」と今後の目標について話してくれました。
卒業生は「自分たちが、仕事を楽しんでやることが大切」だと口を揃えて言います。楽しむことが動物たちにもいい影響を与えるし、楽しんでいる姿を見せることで、ショーを観に来てくださるお客様に夢を与えたり、元気にさせることができる。海獣トレーナーとして自分を律して、動物やお客様に真摯に向き合い、仕事をしている姿には、心を動かされるものがありました。

多くのお客様を魅了するパフォーマンスを行う為、パフォーマンス前は入念な打ち合わせを行います。

パフォーマーとしてお客様からどのように見えているのか?姿勢や表情など意識することが必要になります。

動物たちの生態や魅力を伝えるためのパフォーマンスですが、トレーナーの立ち振る舞いひとつで印象が大きく変わります。ショーパフォーマーとして非常に重要な要素になります。

動物の健康状態には常に気を配ります。日常から動物の観察を行うことはもちろんですが、状態を把握するため体重測定や検温などのトレーニングも普段から行います。

動物たちのご飯を用意する調餌では鮮度維持の為スピードが求められます。

ショーの合間にはふれあいイベント等の対応が必要になります。お客様に直接動物の魅力を伝えられる大切な時間です。

卒業生たち

遠山 忠晃さん
遠山 忠晃さん
海獣類飼育担当
ドルフィントレーナー専攻卒業
櫻木 徹さん
櫻木 徹さん
海獣類飼育担当
ドルフィントレーナー専攻卒業
池光 愛美さん
池光 愛美さん
海獣類飼育担当
ドルフィントレーナー専攻卒業
富田 まりんさん
富田 まりんさん
ペンギン担当
ドルフィントレーナー専攻卒業
島森 麻衣さん
島森 麻衣さん
海獣類飼育担当
ドルフィントレーナー専攻卒業
森田 成将さん
森田 成将さん
海獣類飼育担当
ドルフィントレーナー専攻卒業
秋山 大志さん
秋山 大志さん
海獣類飼育担当
ドルフィントレーナー専攻卒業