0120-545-556 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開

情報公開

学校に関する情報

学校の概要、目標及び計画

各学科等の教育

エコ・コミュニケーション科 2年制(昼間部一)

職業人教育及び国際教育、人間教育の為のカリキュラムとなっております。
入学時にゼロからスタートし、基礎→応用→実践という段階を踏んで、即戦力としての力を身に付けるためのカリキュラムです。
各種授業から得た専門知識・技術を学内外の豊富な動物・フィールドを活かして行う実習を通じて深めると共に、その環境を通じて、環境保全や動物福祉に関わる理解を深めます。
また、学内外において、自ら学べる場を豊富に提供することで、生涯に渡り、自ら学ぶ姿勢を養います。

【実学教育】

産学連携教育を通じて業界から求められる人材を育成する。

【人間教育】

社会人基礎力の身に付いた人材を育成する(今日も笑顔であいさつを)社会貢献力を発揮し、ホスピタリティマインドを持った人材を育成する。

【国際教育】

グローバルに活躍できるビジョンを持った学生を育成する。

エコ・コミュニケーション科 2年制(昼間部二)

職業人教育及び国際教育、人間教育の為のカリキュラムとなっております。
入学時にゼロからスタートし、基礎→応用→実践という段階を踏んで、即戦力としての力を身に付けるためのカリキュラムです。
各種授業から得た専門知識・技術を学内外の豊富な動物・フィールドを活かして行う実習を通じて深めると共に、その環境を通じて、環境保全や動物福祉に関わる理解を深めます。
動物や自然の素晴らしさを、多角的に伝えることができる方法を企業プロジェクトを通じて学びます。
また、学内外において、自ら学べる場を豊富に提供することで、生涯に渡り、自ら学ぶ姿勢を養います。

【実学教育】

産学連携教育を通じて業界から求められる人材を育成する。

【人間教育】

社会人基礎力の身に付いた人材を育成する(今日も笑顔であいさつを)社会貢献力を発揮し、ホスピタリティマインドを持った人材を育成する。

【国際教育】

グローバルに活躍できるビジョンを持った学生を育成する。

エコ・コミュニケーション科 3年制(昼間部一)

職業人教育及び国際教育、人間教育の為のカリキュラムとなっております。
入学時にゼロからスタートし、基礎→応用→実践という段階を踏んで、即戦力としての力を身に付けるためのカリキュラムです。
各種授業から得た専門知識・技術を学内外の豊富な動物・フィールドを活かして行う実習を通じて深めると共に、その環境を通じて、環境保全や動物福祉に関わる理解を深めます。
動物や自然の素晴らしさを、多角的に伝えることができる方法を企業プロジェクトを通じて学びます。
また、学内外において、自ら学べる場を豊富に提供することで、生涯に渡り、自ら学ぶ姿勢を養います。

【実学教育】

産学連携教育を通じて業界から求められる人材を育成する。

【人間教育】

社会人基礎力の身に付いた人材を育成する(今日も笑顔であいさつを)社会貢献力を発揮し、ホスピタリティマインドを持った人材を育成する。

【国際教育】

グローバルに活躍できるビジョンを持った学生を育成する。

履修、試験、および進級・卒業の認定に関する事項

東京コミュニケーションアート専門学校ecoでは以下のディプロマポリシーを策定し、学則、細則に則り進級、卒業を日程しています。

エコ・コミュニケーション科2年制 ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

動物飼育・動物福祉・環境保全を基盤とする確かな専門知識・技術を習得、動物・自然と人が共生する豊かな社会に貢献出来る人材として成長し、動物・自然に関わる各分野において生涯学び続ける意欲を持ち自ら考え自ら行動ができる、即戦力としての知識・技術・ビジネスマインド・社会人としての身構え・気構え・心構えを身に付けた学生に卒業を認定しています。

エコ・コミュニケーション科3年制 ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

3年間、所定の時間の履修と単位を取得し、動物飼育・動物福祉・環境保全を基盤とする専門知識・技術を習得しており、アイディアとクリエイティビティの重要性を理解し、動物・自然と人が共生する社会に貢献出来る人材として成長し続け、動物・自然に関わる各分野において生涯学び続ける意欲を持ちながら自ら考え自ら行動ができる即戦力としての知識・技術・ビジネスマインド・社会人としての身構え・気構え・心構えを身に付けた学生に卒業を認定しています。

教職員

キャリア教育・実践的職業教育

学生の生活支援

学生納付金・修学支援

本校は令和元年 9月20日付で、大学等における修学の支援に関する法律(令和元年法律第8号)による修学支援の対象機関となりました。

学校の財務

学校評価

国際交流の状況