0120-545-556 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開
海洋ワールド

水族館プロデュース専攻(3年制)

海洋生物全般の知識・企画運営について学び、
これからの水族館を支える中枢となる人材を目指して

TCAだから出来るアクアリストになるための4つのポイント

全国各地のフィールドや水族館で現場力を身につけられる。

企画力、創造力を発揮し、プレゼン力(伝える力)が身につく。

さまざまな海洋生物のプロフェッショナルから多くを学べる。

水族館で人に感動を与える力を身につけられる。

下のボタンをクリックして、各項目をチェックしてね!

  • 充実したカリキュラム
  • 資格・就職
  • 学生・卒業生の声
動物イメージ

充実したカリキュラム

総授業時間数 3年間2,700時間以上

次世代の水族館が求める海洋のプロになるための4つのポイント

授業を通じて「おもしろい」を学ぶ

水族館展示と運営のデザイン論
水族館プロデューサー中村元名誉教育顧問により今後の水族館の展示のあり方と共に水族館運営について深く学びます。
水族館展示と運営のデザイン論
広報発信力
お客様に水族館のファンになってもらうための方法・プロセスを学びます。
広報発信力
水族館研究
飼育員も使用する飼育ハンドブックを教本とし、水族館業務について理解を深めます。
水族館研究

実習を通じて「おもしろい」を発見する。

水族館見学実習
さまざまな水族館を見学することで、水族館の現場で必要とされる知識を学びます。
水族館見学実習
海洋フィールド実習~生物採集~
生物の採集などを通して、生物の生態について学びます。
海洋フィールド実習~生物採集~
ドルフィントレーニング実習
学校の提携施設で実習。楽しみながらも真剣に実習に取り組みます。
ドルフィントレーニング実習
スクーバダイビング実習
インストラクターが優しく指導をしてくれるので、ダイビングライセンスも取得できます。
スクーバダイビング実習

研修を通じて「おもしろい」を考える。施設によっては海獣・魚類共に経験できる場合もあります。

インターンシップ水族館研修(海獣類)
校内での学びの成果を活かし、様々な水族館にて海獣類の飼育管理について学び、技術経験を身につけます。
インターンシップ水族館研修(海獣類)
インターンシップ水族館研修(魚類)
校内での学びの成果を活かし、様々な水族館にて魚類の飼育管理について学び、技術経験を身につけます。
インターンシップ水族館研修(魚類)

イベントを通じて「おもしろい」を伝える。※過去実績を含む

上越イルカショープロジェクト
憧れのステージでショーMCとして仕事をし、現場での対応力を身につけます。
上越イルカショープロジェクト
SONY AQUARIUM
現場にて多くの方と関わる中で、生き物の魅力を伝えるために必要な人間力を身につけます。
SONY AQUARIUM

学校がプチ水族館

学生たちが海水魚、サンゴから熱帯魚、大型魚、両生・爬虫類など、その飼育方法や繁殖法、水質の管理に取り組み、実践で学びます。
01
飼育日誌を確認してその日の業務を確認します。
02
それぞれの食餌が違うので日誌を確認し準備をします。
03
餌の食べ方を見ながら健康状態を確認します。
04
水槽やケージ内をきれいに掃除、水替えをして清潔を保ちます。
05
飼料の残量を確認し、発注・管理をします。
06
飼育が終わったら日誌にしっかりと記入をして終了。
学校がプチ水族館
体験入学に参加しよう 資料を請求する

カリキュラム

水族館研究
水族館研究
水族館や博物館の役割、歴史や業務について学び、将来のあり方を考えます。
水族館・展示と運営のデザイン論
水族館・展示と運営のデザイン論
お客様視点で、水の癒しや行動展示など、人に感動を与える展示方法を学びます。
次世代の環境教育
次世代の環境教育
サメの生態を通して、海の環境問題、自然保護活動について考えます。
プール演習
プール演習
泳力強化と基礎体力の養成を目的とし、個々フォームチェックを通して強化を図ります。
水族館学
水族館学
水族館飼育員としての必要なスキルを学びます。
イルカの行動と管理
イルカの行動と管理
イルカの飼育管理方法やトレーニング上必要となってくるイルカの行動を深く学びます。
魚類学
魚類学
魚類を飼育管理していく上で必要な種別の飼育方法などを学びます。
潜水士対策講座
潜水士対策講座
国家資格である「潜水士」資格。資格試験の傾向や対策などを取得のために学びます。

1年次


行動展示学Ⅰ
動物が本来持つ本能や能力を学び、展示で表現する楽しさを学びます。
プール実習
泳力の強化と基礎体力の養成を目的とし、水族館業務の中で必要とされる泳力強化を図ります。
ドルフィントレーニング
イルカやアシカたちのトレーニング基礎を学び、動物の飼育管理について必要な基礎的知識を身につけます。
コミュニケーションスキルアップ
人々に生き物の面白さを伝えるために、自分自身の中にある「素敵」をコミュニケーションを通して発見していきます。業務を円滑に進めるためのコミュニケーション能力を身につけます。
コンピュータ演習
動物業界でもパソコン業務は必須スキルです。パソコンの基礎を習得し、パワーポイントのスキルもアップします。

2年次


魚病学
魚の飼育管理をする上で考えられる魚病について学び症例に合わせた対処方法を身につけます。
肉体改造体力ワーク
水族館の仕事は体力勝負!みんなで協力して課題をクリアすることでチームワークも体力もアップします。
マーケティング論
あらゆる業界の視点から時代をとらえる力を身につけ、動物の展示や企画に応用します。
資格取得
みんなと差をつける!オンリーワンのスタッフとして多くの資格を取得するための知識を学びます。
イラストレーション
表示・展示物の大切さを学び、生き物たちの個性をとらえて表現するための力を実践的に学びます。

3年次


海洋哺乳類Ⅲ
海洋哺乳類が自然界で生き抜くため見に付けた能力・生態を学び、飼育管理における理解を深めます。
一般教養
教養はコツコツやるしかない。就職試験の際に必要な一般教養試験の対策を行います。
水生植物
水生生物たちのゆりかごとしての役割をもつ水生植物の管理を知り、生き物たちが生き生きと生活する水槽環境の作り方を実践的に学びます。
広報発信力
飼育スタッフ側から様々なイベントや情報を発信してお客様に水族館のファンになってもらうための方法を学びます。
体験入学に参加しよう 資料を請求する
各ボタンに戻る
魚イメージ

資格・就職

目指せる職場・仕事・資格

目指せる職場
  • 水族館
  • 海洋生物調査関連施設
  • ホエールウォッチング施設
  • ダイビングショップ /他
目指せる仕事
  • 水族館プロデューサー
  • 水族館飼育員
  • 水族館解説員
  • ネイチャーガイド
  • ホエールウォッチングガイド
  • ドルフィントレーナー
  • ドルフィンスイムインストラクター
  • 海洋生物調査員
  • ダイビングインストラクター
  • アザラシ・アシカトレーナー /他
目指せる資格
【必須】
スクーバダイビング/JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定
【任意】
潜水士/小型船舶操縦士/プロジェクト・ワイルドエデュケーター/プロジェクトWETエデュケーター
スクーバーダイビング
■ PADIオープンウォーターダイバー
ダイビングの技術はイルカに関わる全ての仕事に役立ちます。そして、一人一人の目標によってステップアップをすることが出来ます。TCAでは、オープンウォーターダイバーを取得し、水族館での潜水作業をするための技術を身につけます。在学中にダイビングに目覚め、インストラクターとして活躍している卒業生もいます。
潜水士
■ 国家資格/厚生労働省
学生が目指している中で最も難しい資格です。筆記試験のみですが、水族館の就職では、潜水士取得が必須条件となっている施設もあります。就職をしてからの取得は時間もなく難しいので、在学中に頑張って取得をしましょう。
小型船舶操縦士
■ 国家資格/国土交通省
船舶免許は海の仕事をするときに非常に便利な資格です。水族館、ホエールウォッチング、マリンスポーツなどの職業では必ず必要になる資格です。TCAでは、授業と学科の実技講習を行い、その後、試験会場にて受験するようになっています。2級と1級があるので、1級を目指して頑張りましょう。
資格取得
体験入学に参加しよう 資料を請求する

就職実績

青木 健吾さん
青木 健吾さん
上越市立水族博物館
〜うみがたり〜
五百島 拓海さん
五百島 拓海さん
上越市立水族博物館
〜うみがたり〜
平下 真以さん
平下 真以さん
上越市立水族博物館
〜うみがたり〜
北澤 安莉さん
北澤 安莉さん
上越市立水族博物館
〜うみがたり〜
櫻木 徹さん
櫻木 徹さん
新江ノ島水族館
池光 愛美さん
池光 愛美さん
新ノ島水族館
湯山 夏樹さん
湯山 夏樹さん
ブルーコーナー
大山 拓哉さん
大山 拓哉さん
箱根園水族館
就職実績
各ボタンに戻る
動物イメージ

学生・卒業生の声

卒業生の声

活躍する卒業生
子供達がパフォーマンスを食い入るように見て、イルカに夢中になる。こんなに人を魅了する仕事ならやってみたいと。
子供達がパフォーマンスを食い入るように見て、イルカに夢中になる。こんなに人を魅了する仕事ならやってみたいと。進路に迷っていた時に、水族館で『子供達がパフォーマンスを食い入るように見て、イルカに夢中になる姿』が目に焼き付き、こんなにも多くの人を魅了する仕事ならやってみたいとトレーナーを志しました。今は、チームのリーダーとして後輩たちが色々な困難にぶつかりながらも、楽しく仕事をやっている姿を見ると嬉しくなりますね。現在パフォーマンスの企画もしていますが、遠方からも「見に行こう」と言ってもらえるような、全国に誇れるパフォーマンスに仕上げていくことが目標です。
澁谷 光徳さん

就職先:上越市立水族博物館うみがたり

澁谷 光徳さん

2009年卒業

「五感で学ぶ日本海」をコンセプトに子供から大人までが楽しみながら学べる施設『上越市立水族博物館うみがたり』。そこでイルカの飼育管理と、パフォーマンスへ出演、企画も担当している。
各ボタンに戻る
体験入学に参加しよう 資料を請求する