CLOSE
  • 体験入学
  • 資料請求
  • HOW TO ENJOY TCA LIFE!
  • インスタグラム
  • Twitter
  • LINE
  • youTube
  • Access

私たちの目指す人材育成CONCEPT

私のトキメキが、
誰かをドキドキ
させる

滋慶グループ共通の
教育コンセプト

「建学の理念」
(実学教育、人間教育、国際教育)
を実践し、
「4つの信頼」
(学生からの信頼、高等学校からの信頼、
産業界からの信頼、地域からの信頼)
を得ることです。

滋慶学園のシンボルマーク

滋慶学園の
シンボルマークのコンセプトは「五感、創造。」

目=見る 耳=聞く 口=語る 鼻=嗅ぐ 手=触る
五感を使って全身で学ぶ。
「学ぶ」とは、人間の伝達、創造活動 を通じて
世界と一体化することであることを示しているのがこのシンボルマークです。
五感を働かせ、問題解決や創造活動のための能力を生み出し、
コミュニケーションの力によって 「建学の理念」と「4つの信頼」の実現を目指します。

建学の
理念Three Eduction
Giudelines

  • 実学教育

    スペシャリストの時代に即し、
    産業界に直結した専門学校として
    知識、技術、ビジネスマインドを持った
    業界が求める即戦力の
    人材を育成します。

    Vocationnal
    Education

  • 人間教育

    「今日も笑顔で挨拶を」を
    標語に掲げ、思いやりの気持ち、
    コミュニケーションの大切さを学び、
    自立した社会人としての人間力
    (身構え、気構え、心構え)を
    身につけます。

    Human
    Education

  • 国際教育

    日本人としてのアイデンティティを
    明確に持ち、価値観や文化の違いを
    尊重して、より広い視野で
    もの見ることができるよう、
    真の国際的な感性を養います。

    International
    Education

4つの
信頼The Four Pillers
of Trust

  • 学生・保護者からの信頼
  • 高等学校からの信頼
  • 産業界からの信頼
  • 地域からの信頼

「3・4年制」だからできるプロの道

  • 1ST YEAR[1年次]

    クリエーター基礎力を養う

    BASIC TRAINING

    見たものや頭の中でイメージしたものを、確実にカタチにするために、デッサンやコンピュータを学び、基礎力を身につけます。未経験の人もこの期間にしっかりと基礎を学ぶことができます。さらに、「企業プロジェクト」や作品制作を通して、プロと同様の仕事を経験しながら、クリエーターとしての基礎力を養います。

  • 2ND YEAR[2年次]

    考える力、創る力を伸ばす

    CREATIVE EDUCATION

    2年次は「企業プロジェクト」をはじめとした作品制作を中心に、考える力、創る力を鍛えます。業界ゼミや特別講義などで多くのクリエーターに触れることで、感性を人に伝える「プレゼンテーション力」や、企業や仕事で必要な「コミュニケーション力」を身につけます。

  • 3RD YEAR[3年次] 4TH YEAR[4年次]

    経験力、実践力を身につける

    PRACTICE & EXPERIENCE

    いよいよ就職・デビューに向けての最終ステージ。産学連携教育の締めくくりである「インターンシップ(業界研修)」で、企業で働き、プロの現場を経験します。デビュー希望者は、各出版社への持ち込みをはじめ、作品を業界へプレゼンテーションする年となります。3~4年間を通して、社会人、職業人としての基本を身につけることがプロへの第一歩です。

    ※「スーパークリエーター科」「自動車デザイン科」は4年制になります。

「TCA」で身につける
ベストクリエーターに必要な力

  • コンセプト力

    Concept

    商品広告ポスターならばクライアント(依頼主)、マンガ雑誌ならば出版社。その人たちの要望や希望を理解して、より良い作品を作る力がプロには必要です。この力を実際の仕事「企業プロジェクト」を通して3年間で学びます。

  • クリエーティブ力

    Creative

    コンセプトに基づいて、確実にデザイン、作品を作り上げる力に加え、オリジナリティ(独創性)のある作品、より高い完成度を誇る作品。人の気持ちを動かす作品など、高い技術力、鋭いセンスを持つクリエーターを目指します。

  • プレゼンテーション力

    Presentation

    会社内での会議から、クライアント(依頼主)が催すコンペなど、作品を世の中に出すためには競争があります。プロのクリエーターには制作した作品を提案し、その作品の趣旨や考え方を相手に伝える力が不可欠です。

  • コミュニケーション力

    Communication

    売れる作品、勝てる作品を作るためには、コミュニケーションが重要です。さらに、チームを牽引できるリーダーシップをとれる力を身につけます。

  • マインド(職業人基礎)

    Mind

    挨拶ができる、時間を守るなど、社会人の基本はもちろん、クリエーターとしてのスキルに加え、気構え、心構え(マインド)を身につけます。職業人としての基礎力を持つクリエーターは、卒業後にさらに成長できます。

  • グローバル力

    Global

    TCAは、グローバルに活躍できる人材の育成も大切にしています。世界にネットワークを築き、さまざまな人とコラボレーションする力を磨いてください。

名誉学校長のご紹介

一つの道を究めると同時に、
いろいろな分野にも興味を持ってほしい。
自分の「好き」を突きつめていくと、
人に感動が与えられる。
そして、とてつもない幸福感が
自分に返ってくるのです。

奥山清行 KIYOYUKI KEN OKUYAMA

PROFILE

奥山清行KIYOYUKI KEN OKUYAMA

工業デザイナー
KEN OKUYAMA DESIGN代表

アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン(アメリカ)卒業。
ゼネラルモーターズ社(アメリカ)チーフデザイナー、ポルシェ社(ドイツ)シニアデザイナー、ピニンファリーナ社(イタリア)デザインディレクターなどを歴任。エンツォ・フェラーリ、マセラティ・クアトロポルテなどのカーデザインを担当した。2007年にKEN OKUYAMA DESIGN設立、代表に就任。山形・東京・ロサンゼルスを拠点に自動車や電車などの輸送機器や都市デザイン、自身のブランドでインテリア製品や眼鏡の開発から販売までを行うなど、幅広い分野で活躍中。