当サイトは、Internet Explorer 9以上でご覧ください

クリエーティブなスクールが、
あなたを待っています!

  • Instagram
  • Youtube
  • LINE
TCA / OVERSEAS STUDY TOUR #002

MILAN

Italy

デザイン系

歴史的建造物に圧倒され、最新モードに刺激される!
魅力的な二面性をもつ文化都市・ミラノへ

街中に多くの歴史的建造物がそびえ立つ一方で、世界中が注目する最新モードファッションの発信地でもあるミラノ。
そんな両極端ともいえる二面性こそが、この都市の最大の魅力なのかもしれません。
たとえば大聖堂の前に初めて立った時、あまりの荘厳さに多くの日本人がカルチャーショックを覚えるといいます。また、街ゆく人びとの洗練されたファッションは、眺めているだけでも感性の刺激となるでしょう。
いざ、歴史とモードが魅力的に交錯する街・ミラノへ。

TCA / OVERSEAS STUDY TOUR #002
SCHEDULE

イタリア実学研修工程表

ミラノの研修では、
提携校IEDで行われる3日間にわたる
ワークショップに参加。
その前後に、歴史的建造物やおしゃれな
ブティックの並ぶ街を観光します。

    • DAY1

    成田国際空港からミラノ・マルペンサ空港へ出発

    空港に到着したら、バスでホテルへ移動してチェックイン。ワクワクの旅の始まり!

    • photo
    • DAY2

    企業・施設訪問

    観光

    提携校IED訪問・オリエンテーション&校舎見学/ドゥオーモ大聖堂、スカラ座広場など市内観光

    IEDを訪問してワークショップの簡単なオリエンテーションを受けた後に、街のレストランで美味しいランチ。午後は、歴史ある街並みを見て回ります。

    • photo
    • photo
    • DAY3
    • DAY4
    • DAY5

    海外教育提携校訪問

    IEDにてレクチャー・ワークショップ

    3日間のハイレベルなワークショップに参加した後の修了式には、IEDの在校生や卒業生たちも参加。自分の作品を見せたりして、積極的な交流を行ってください。

    • photo
    • photo
    • photo
    • DAY7

    観光

    ミラノにて自由行動

    あらかじめ行動計画しておきましょう。高速列車で行く日帰りオプショナルツアーもあります。

    • photo
    • DAY8

    ロサンゼルス空港より成田国際空港に向けて出発

    • DAY9

    成田国際空港に到着

    おつかれさまでした!集合写真

※過去事例。研修内容は毎年変わります。

  • 01 SPECIAL LECTURE

    異国の地で学んだ、デザインの基礎となる考え方や
    アイデアの表現方法!

    IEDでは、企画・コンセプトを明確に立てることの大切さやデザインの基礎となる考え方、そして、アイデアを多彩な形で表現する方法を学習。普通は考えつかない変わった素材を組み合わせて作品を作る、新鮮な授業もありました。

    photo

    IED(ヨーロッパ・デザイン学院)

    1966年に創立。世界中のクリエーターが教鞭を振るうヨーロッパ最大級のデザイン学校。ミラノのほか、国内にはローマやトリノ、また、スペインやブラジルにも分校をもつ世界的なデザイン学校。毎年、世界中からおよそ7000名の学生が集まります。

    photo
  • 02 WORKSHOP

    現地学生との、わくわくワークショップ

    photo

    実際に作品を作って、貴重なアドバイスを先生にもらえるワークショップ。
    現地の学生たちとも触れ合いました!

    photoいくつかのテーマからコンセプトを立ててキャラを制作!粘土を使って作りあげるユニークな立体表現作品!
  • 03 STUDENT REPORT

    学生レポート

    文化も景色も言葉も、日本とはまったく違う国で学び、遊んだ日々。それは学生たちの人生の大切な宝物になります。

    photophoto街中にあるすべてのものがアートだと感じました!

    イタリアと日本のデザイン性の違いに驚き!

    ものづくり創造デザイナーコースヤマガミさん

    今回の海外研修で、イタリアと日本のデザイン性の違いを知ることができました。これまで自分が学んだプロダクトのデザインは機能性を重視・優先するものでしたが、IEDの講師の作品を拝見すると、それだけではないなと感じました。機能性もさることながら、まずインテリアとしてどう見られるか、どう人に楽しんでもらうかを考えたデザインに思えたのです。海外と日本ではデザインへのスタンスがこうも違うのかと、自分にとってはとても新鮮な驚きでした。

    ものづくり創造デザイナーコース ヤマガミさん

2018年新校舎誕生!!

キャンパスガイドツアー

TCA新校舎
学生
学生