新たなキャラクターデザインとメカアニメーションの企画・制作|TCA学生作品Gallery GG2B2_H・K 新たなキャラクターデザインとメカアニメーションの企画・制作 株式会社 サンライズ – 学生作品

本サイトの画像、文章の無断転用、転載等を禁じます。

本サイトの画像、文章の無断転用、転載等を禁じます。

新たなキャラクターデザインとメカアニメーションの企画・制作

提供企業名:株式会社 サンライズ

株式会社サンライズは、「ゼロからイチを生み出す企業」を企業理念とし、
社会の一員として、当社オリジナルのIPや映像制作を通して、様々な活動を行う。

課題内容

「これからのアニメ業界を牽引できる人材育成」を目的とし、
株式会社サンライズから3名のプロデューサー様にご協力をいただきながら、ゼロからメカアニメーションを作り出すプロジェクトに取り組みました。
滋慶学園グループの系6校が参加した全国プロジェクト。キャラクターデザイン・映像制作の2部構成で実施。
各校において、数々のキャラクターデザインの中から選出された作品を映像化しました。
キャラクターデザインや世界観設定、アニメ企画から映像制作まですべて学生が担当。
デザインやコンセプト、映像構成などを、サンライズ様に細かくチェックをいただきながら制作に取り組みました。

コンセプト

人の生活環境を一変する出来事が起きた。それは、人が死してなお闊歩する異常な現象だった。奴らを殺す術はなく。人類は特定地域に集まり壁を築き立て籠る事で何とか生存権を確保する事には成功した。
 しかし、どうしても、壁の中だけで生活をするのは無理があった。そこで人々は多大な犠牲と時間を浪費し街から街へと線路を引き、鉄道での移動を確立させた。
 鉄道を動かして居る動力は奴らが現れると同時に発掘される様になった謎の鉱石。
 その鉱石は、硬く頑丈でダイヤモンドよりも硬かった。しかし、液体と反応して高熱になると言う特性を持っていた。それにより、この世界は急速に蒸気技術が発達した。
 そうして、平和で安定した生活を手に入れた人類だったが、奴らは再び人類に牙を向いた。ある巨大な生物によって街が壊滅させられたのだ。そのせいで奴らは急速に増え始めた。そして、街が一つ、また一つと消えていく……
が、当然それに怒りを覚える人間は多くいた。敵討ちに行く者も数多く―
 しかし、その者たちが帰ってくる事はなかった。なぜなら奴らを倒す術は存在しなかったからだ。彼が現れるまでは……

制作者
H・K
専攻
ゲームグラフィック&キャラクター専攻

作者が学んだ専攻はこちら

表示する製品がありません

PageTop