新たなキャラクターデザインとメカアニメーションの企画・制作|TCA学生作品Gallery メカ_GG2B3_T・S 新たなキャラクターデザインとメカアニメーションの企画・制作 株式会社 サンライズ – 学生作品

本サイトの画像、文章の無断転用、転載等を禁じます。

本サイトの画像、文章の無断転用、転載等を禁じます。

新たなキャラクターデザインとメカアニメーションの企画・制作

提供企業名:株式会社 サンライズ

株式会社サンライズは、「ゼロからイチを生み出す企業」を企業理念とし、
社会の一員として、当社オリジナルのIPや映像制作を通して、様々な活動を行う。

課題内容

「これからのアニメ業界を牽引できる人材育成」を目的とし、
株式会社サンライズから3名のプロデューサー様にご協力をいただきながら、ゼロからメカアニメーションを作り出すプロジェクトに取り組みました。
滋慶学園グループの系6校が参加した全国プロジェクト。キャラクターデザイン・映像制作の2部構成で実施。
各校において、数々のキャラクターデザインの中から選出された作品を映像化しました。
キャラクターデザインや世界観設定、アニメ企画から映像制作まですべて学生が担当。
デザインやコンセプト、映像構成などを、サンライズ様に細かくチェックをいただきながら制作に取り組みました。

コンセプト

21xx年 夏
50年前の核戦争で廃墟と化した都市「TOKYO」。
かつての首都は人が住むには厳しい環境となっており、封鎖が解除された今でも限られた交通手段でしか向かうことはできなかった。
そんな場所に一人電車に揺られて向かう少年、(主人公)。
「なんだ、そんなに恐ろしい場所でもないじゃないか」
むき出しのコンクリートや鉄筋、朽ち果てたビル群は鬱蒼と生い茂る緑に包まれ、そこは自然に還った世界だった。
環境調査などでしか人が来ないというこの地に今は誰もいない。
少年は、喧騒にまみれた新都が嫌になってなんとなくここにきてしまっただけ。
そんな状況で美しい歌声が耳に入る。少年は引き寄せられるようにそちらの方に歩み出すが…


直後、轟音。


何かしらの襲来を告げるアラートが鳴り響く。
それは幾度となく聞いた音だった。


戦争で統一された世界の今の敵は、宇宙だ。

制作者
T・S
専攻
ゲームグラフィック&キャラクター専攻

作者が学んだ専攻はこちら

表示する製品がありません

PageTop