総合トップ > クリエーティブトップ > コース紹介 > ゲームプランナー専攻
コース紹介TOP
インダストリアルデザイン・
マスターコース
デザインワールド
プロダクト&インテリアワールド
ゲームワールド
CG・アニメワールド
マンガ・イラスト・ライトノベルワールド
デジタル・メディアワールド
自動車デザインワールド
TCA TODAY|キャンパスレポート Mobile site

ゲームプランナー専攻

TCAのコンピュータエンタテイメント科は圧倒的な業界就職率と多くの卒業生の活躍により、
業界から厚い信頼を得ています。
本年度ゲーム専攻の約90%の学生がゲーム業界へ、アニメ専攻100%、3DCG91%が就職を達成、多くの卒業生が業界で活躍し、企業家からの信頼の証として昨年度はSEGA、コロプラなど業界を代表する企業から企業プロジェクトとして課題を頂き、取り組みました。

実際のゲーム制作を通じて、
開発チームの核として必要なスキルとノウハウを学ぶ

多くのメンバーが開発にあたるゲーム制作の現場で、ゲームプランナーはその核となる仕事。ユーザーが求めるものを見極め、斬新なゲームを企画するためのノウハウを学びます。ゲーム制作に必要なプログラミングやデザインの知識や、画面構成やデッサン、色彩に関する専門知識も習得。制作進行管理などの実務も学び、業界に求められるプランナーを目指します。
この専攻の特徴
目指せる仕事
  • ゲームプランナー
  • ゲームデザイナー
  • ゲームディレクター
  • ゲームシナリオライター
  • Webデザイナー
  • Webクリエーター
  • シナリオライター
  • ゲームライター
  • プロッター
  • ゲームスクリプター など
目指せる資格・検定
  • CG検定1~3級
  • A・F・T検定2・3級
  • マルチメディアソフト製作者能力検定2・3級 など
主なカリキュラム(3年間で2700時間以上)

    プランニングの基礎力が身につく

  • デジタル基礎
  • コンピュータデザインベーシック
  • 企画・プレゼンテーション
  • アイデアテクニック
  • シナリオライティング
  • レイアウトデザイン
  • プランニング基礎
  • ゲーム制作を幅広く学ぶ

  • ゲーム概論
  • ゲーム企画
  • ゲーム制作
  • ゲームデザイン
  • 3DCG
  • 就職作品制作
  • プロジェクトマネジメント
  • ゲームアルゴリズム
  • ネットワークやWebを学ぶ

  • Web制作
  • ネットワーク概論
  • 仕事の幅を広げる

  • 英会話
  • 海外実学研修
  • 業界特別ゼミ
学生作品を見る 体験入学に参加する 資料を請求する TCA TODAY|キャンパスレポート
TCAでならあなたの好きなことを仕事に出来る、6つのポイント
あなたを成功に導く確実な就職とデビュー 就職実績
●株式会社カプコン ●株式会社セガ ●株式会社トーセ ●株式会社バンダイナムコゲームス 他多数

一人ひとりに合わせた就職サポート

キャリアセンターを中心に豊富な求人情報とインターンシップ(業界研修)など様々な就職対策で、確実な就職へと導きます。
業界が求めるプロになるための3年制 3年制なら
時間×作品の数が圧倒的に違う。

3年間で学べる時間 (本校比較例)

3年間→2,700時間 4年間→3,600時間 TCAでは、0からのスタートで全員があこがれの業界につけるように3年制を実施しています。

3年制だからしっかり基礎も学べますので初心者の方も安心してください。

業界と学ぶカリキュラム 企業プロジェクト

授業内容は企業からの提供課題、指導は業界で活躍する現役のクリエーター

企業から課題をいただき、プロの仕事と同じ工程の作品制作を授業の中で経験します。業界に求められる「即戦力」を身につける、活きた授業です。
その授業を指導してくれるのは憧れの業界で活躍中のトップクリエーター。技術や知識はもちろんのこと、仕事の進め方や、仕事をする上での考え方も学べます。 マイクロソフト株式会社
入学した専攻以外の授業を受けてもOK!自分の可能性を広げて、あなただけの時間割を! Wメジャーカリキュラム
入学した専門分野に加え、一人ひとりの目標に合わせて、学生自身が他の専攻の科目をプラスして学べるシステム。
グライフィックデザイン+イラスト=卒業後 絵本のデザイナーとして活躍
クリエーティブが刺激される海外での1週間 海外実学研修
海外の提携校や、この研修でしか参加できないワークショップなど、貴重な体験ができる実学研修。世界レベルの刺激や文化体験で国際性を磨きます。

世界トップレベルのクリエーティブを本場で体感!

1年時に経験する海外実学研修。さまざまな体験を通して、国内では得られない刺激を受けることができます。専門性を高め、視野を広める貴重な機会です。 フランス/パリ、イタリア/ミラノ、アメリカ/ロサンゼルス
業界が求めるプロになるための3年制
1
毎日の学校生活を相談できる!担任制&チーム支援
2
127名のクリエーターが講師
>> 詳細はコチラ
3
SSDスチューデントサポートデスク
>> 詳細はコチラ
4
就職&デビューのサポート
>> 就職はコチラ
>> デビューはコチラ
5
施設・設備のサポート
>> 詳細はコチラ
6
一人暮らしの不安をサポート
>> 詳細はコチラ
7
健康サポート!
>> 詳細はコチラ
8
学費のサポート
>> 詳細はコチラ

業界で活躍する卒業生
西川裕貴さんの作品

自分の夢に近づくためには
まず業界をよく調べること。

ゲームプランナー
株式会社サイバーコネクトツー 取締役・ディレクター
西川裕貴 さん

ゲームグラフィックデザイナーとして入社後、現在は取締役兼ディレクターとして活躍。最新作の「NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットインパクト」のほか、「NARUTO-ナルト- ナルティメット」シリーズの制作に携わる。現在は、「NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション」を鋭意開発中!

入社して3~4年経った頃に、制作チームのディレクターを任せられました。ディレクターとは、チームを率いてゲーム全体の面白さや方向性を考える仕事。現場の指揮や社外との調整などコミュニケーション能力が不可欠です。ただ、このコミュニケーション能力は、職種に関係なくゲームをつくる人であれば最低限必要なスキル。私の場合、学生時代はおとなしい性格だったのですが、仲間とゲームをつくる授業などを通して、その能力の大切さを学んだように思います。この業界を目指すのであれば、高校生のうちからゲーム雑誌やインターネットなどで、今どういうゲームが人気なのか、どういう会社が作っているのか興味を持ってほしいですね。自分がどの職種がやりたいかわかってくるし、専門学校や専攻を選ぶ基準にもなる。自分のやりたいことをよく調べ目標を絞り込んでいくことで、夢は確実に近づくと思います。
学生作品を見る 体験入学に参加する 資料を請求する TCA TODAY|キャンパスレポート
ページトップへ