当サイトは、Internet Explorer 9以上でご覧ください

3年制・4年制で、創造力豊かなベストクリエーターを業界と共に育成する学校です。

3年制・4年制で、創造力豊かなベストクリエーターを
業界と共に育成する学校です。

産学連携教育で学ぶ「TCAの7ワールド22専攻」

自動車デザインワールド

企業プロジェクト

FIAT Design competition

Design the italian way (2007年度実施)

2007年、フィアットグループの各ブランド(フィアット、アルファロメオ、ランチア)ごとに新しいアイデアを提案するコンペティションが行なわれました。フィアット社が選出した世界有数の自動車デザイン教育機関8校の学生たちが参加し、日本からは唯一、東京コミュニケーションアート専門学校・自動車デザイン科が選ばれました。2007年3月、フィアット社のデザイナーが来校し、コンペティションに参加する学生への説明会が行われ、正式にプロジェクトがスタートしました。その間、作品の進度を確認するためにイタリアよりフィアット社のデザイナー、アルファロメオ社のデザイナーが2度来日し、学生に対し、直接、指導が行われました。同年9月20日、イタリア・トリノにあるフィアットデザインセンターにおいてコンペティションが開催され、フィアット・アルファロメオ・ランチアそれぞれのブランドより1作品ずつが選出され、学生による作品のプレゼンテーションが行われました。

越阪部 圭亮さん (2016年卒業)

東京理科大学出身
就職先: 株式会社本田技術研究所
    四輪R&Dセンター/カーデザイナー

カーデザイナーになりたい、こんなモノが造りたい、そんな「直感」と、それを貫く強い「意志」が一番大切です。もちろん全てを直感で決めていくということではありませんが、数学のように答えがひとつに決まっている訳ではありません。考えて考えて、考え抜いた答えがそのヒトの「正解」です。それを試行錯誤しながらカタチにして、見たヒトに想いが届いた時の嬉しさや感動は、他には代えられないものです。

塩田 康敬さん (2016年卒業)

香川・県立善通寺第一高等学校出身
就職先: トヨタ車体株式会社/カーデザイナー

とにかく必死で努力し抜く毎日でした。また、企業プロジェクト中は休日であっても、チーム内でコンセプトの意思疎通を図るために対話の時間を多く設けました。同じ目標に向かい、多くの試練を共に乗り越えたアドバンスクラスの仲間と、カーデザイン以外の面でも全力でサポートしてくださった先生方には、感謝してもしきれません。

  • 体験入学
  • 資料請求